林業の被害木整理とは?

林業の被害木整理とは?

木を植える「植林」、苗木を育てるための「育林」、伐りだして資源を使う「伐採」と林業作業は森林の林齢(森林の年齢)によって作業フェーズが変化します。

山林は厳しい自然環境で必ずしも順調に生育がすすむわけではなく、災害やトラブルに見舞われます。

長年の森林育成で被害を受けて成長できない木や、他の立木に悪影響を与える恐れのある木も発生します。

あまり聞きなれない林業の被害木整理という作業を紹介します。

被害木とは何か?

風害水害、地震などにより枯れたり折れたりして、転倒、幹折れ、欠損している、その可能性がある木を指します。
被害木とは

被害木とは危険木とも言われ、風害や水害、地震などの自然現象により枯れたり折れたりして、転倒、幹折れ、欠損している、あるいはその可能性がある木を指します。

被害木になると製材用丸太としての出荷は品質の問題から難しくなります。

被害木の原因となるのは主に次の通りです。

立木が腐ってしまったため

キクイムシなど木を食べる虫類により食害を受け、そこから腐朽菌が入り樹芯が腐って幹折れなどに繋がることがあります。

腐朽菌により樹芯が腐っている立木をそのままにしておいても、あまり改善されることは見込めず反対に腐朽菌が増植することが多いです。

虫害や菌の被害は放置しておくと森林全体に広がることがあり、早めに対処しないと森林全体が枯れてしまう可能性もあります。

鼠(ネズミ)による食害

鼠の食害に見舞われ被害木になることがあります。

立木は鼠の食害に見舞われ被害木になることがあります。

古くからスギやカラマツは野ネズミによる食害があり、防除は育林作業で欠かせない作業です。

繁殖力が強いネズミは放置しておくと被害が拡大することもあり早めに対処しなければなりません。

強風で倒れたから

強風被害は根むくれと言って折れたりしないで根ごと引き抜かれて倒れることが多い

強風で倒れる木は意外に予測がつきません。

強風を受けやすい外側の立木が倒れずに森林内部の立木だけが倒木になることがあります。

一帯がバタバタと倒れていることもあれば、不特定に一部の立木だけが倒れていることもあります。

さらに一見すると倒れそうもない太くて立派な木が倒れていることもあります。

強風被害では根むくれといい、折れたりしないで根ごと引き抜かれて倒れることが多いです。

立木の根元が虫害や食害を受けて枯れかけており、そこに強風が吹いたので倒木になることもあります。

他の木の成長を阻害する木

ツルが巻きついたりして成長できず、近い将来に倒木可能性が高い木
ツルが巻きついた木

何らかの理由で、他の木の日照を遮ったり成長を阻害する木を取り除かなければなりません。

植えた時の想定どおりに木が成長しないこともあります。

ツルが巻きついて成長できず、近い将来に倒木の可能性がある木も存在します。

他の立木に被害を与える木は早めに取り除かなければなりません。

被害木整理をしないと…

人工林では被害を受けた立木を人力で整理しなければなりません。

自然のもとでは立木が強風で倒れたり動植物の食害で枯れたりする事は、当たり前にあり得ます。

しかし、植林後間伐を重ねて木材資源を栽培する生産の場で、農業のように人の手が加わっている人工林では、被害を受けた立木を人力で整理しなくてはなりません。

災害防止のために放置できない

倒木を放置しておくと下刈り作業の邪魔になるので、被害木整理は育林作業を円滑に進める上で重要です。

植林してから数年は育林のために現場に立ち入ること多く、足元に朽木や倒木を放置しておくと事故や災害につながる恐れがあります。

間伐など伐採の時にも同じことが言え、被害木放置は林業作業の生産性を下げてしまします。

林道や隣木に被害が連鎖することも

被害木が倒れて林道を塞いだり、林道を壊してしまったり、その他の立木に被害を与えてしまう可能性があります。

倒れた木によって健全に育成中だった木が連鎖的に被害を受けて伐採処理しなければならなくなることもあります。

自然現象で気候変動や環境によって被害が発生してしまうのは仕方のないことですが、植林した人工林では適切に被害木を整理しないと隣木の育成にも支障が出てしまいます。

調査で早めに見極めたい

健全な樹木に見えても内部で普及が進行しているものや、虫や害獣の被害にあっている立木もあります。

育林作業や調査の段階で早めに被害状況を判断できれば、整理作業が最小限で済みます。

林内に立ち入るときは気をつけて観察し、被害木を見つけることが大切です。

危険な倒木の処理

倒木処理には安全知識と準備が欠かせません。

何らかの原因で倒れた倒木を処理するには、安全知識と準備が欠かせません。

人力で伐倒する場合は安全で作業効率が良いように倒す方向を計算して伐倒しますが、倒木は自然現象なので危険な状態で倒れていることが多くあります。

かかり木になったり、隣木にもたれるようにして倒れて、ねじれたり張力がかかって弓なりに曲がっていることがあります。

そんな倒木を処理するときに適切な方法をとらず、伐ったときの反動で被災する重大事故も過去に多く発生しています。

被害木を活用したいが…

せっかく成長したのに本当にもったいない…。

被害木は廃棄物にせず使えるものは資源として有効利用したいものです。

どんな木でも山林から持ち出すと搬出輸送コストがかかるため費用問題があります。

コストがかからなければ、薪などの資源やDIYの材料として被害木を有効利用してもらいたいものですね。

引き取り限定にとするにしても山林内に一般の人が立ち入るのは想像以上に危険です。

山火事、ごみ不法投棄、遭難の可能性、熊やハチ、ヘビなどの獣害や林道からの転落事故など管理者責任の問題があります。

被害木では使えるものもあるので、山林内で仮設の端をかけたり土留め柵のように土木の材料としてその場で使う工夫もされてます。

せっかく成長したのに未利用材を現場で見てると本当にもったいないものです…。

未利用材を土木の材料としてその場で使う工夫もされてます。
仮設の橋

知られていない被害木整理

放置してても自然に改善が望めない被害木は、早く対処する方が後の森林被害を防げます。

植え付ける植林や下刈りなどの育林は、林業の造林作業として有名です。

ご紹介した被害木整理は、あまり知られていない地味な作業です。

数十年かかる育林中には様々な自然災害やトラブルが発生し、その結果、倒木やその恐れがある被害木が発生します。

放置してても自然に改善が望めない被害木は、早く対処する方が後の森林被害を最小限に防げます。

マイナーな被害木整理は皆さんに知っておいて欲しい大切な林業作業です。

タイトルとURLをコピーしました