下刈り作業とは?

林業の下刈り作業とはどんな内容、目的?

林業作業の一つに「下刈り」という作業があります。

植林に欠かせないとても大事な仕事で、林業従事者なら必ず知っています。

そんな下刈り作業について説明します。

なぜ、下刈りしなきゃいけないのか?

春には雑草や笹が1m以上に一気に生長し、植えた苗木があっという間に草に包まれてしまいます。
植えた直後はいいが…

植林のために植えた苗木は高さ50cm以下です。

木は成長が遅いので翌年も木の高さ(樹高)はあまり変わりません。

そうこうしているうちに春には雑草や笹が1m以上に一気に生長し、苗木があっという間に草に包まれてしまいます。

太陽の光が必要な苗木

夏を迎えるころには雑草が繁茂して、2m近くまで生い茂ることもあります。

そうなると植樹した苗木に太陽の光が届かずに光合成できなくなり、成長できなくて枯れてしまいます。

下刈り作業は植えた木に太陽の光を入れるため、雑草を除去することが目的です。

下刈り作業の内容

下刈り作業では、園芸で使われる草刈り機よりもパワーがある刈り払い機を使います。
下刈り作業は刈り払い機を使う

では、どのように苗木に太陽の光を入れるのかというと、周辺に繁茂している雑草を取り除くというだけです。

山林内の雑草や笹は、茎が太かったり硬くて強い種類もあります。

古くから植林には下刈り作業が付き物で、以前は手鎌を使って草刈りをしていました。

林業で使う刈り払い機

硬くて強い笹や竹もあるので、園芸で使われる草刈り機よりもパワーがある刈り払い機を使います。

刈り払い機の刃は鋼鉄製のチップソーを使うことがほとんどで、ナイロンカッターを使うと消耗が激しく、あっという間に交換しなければなりません。

近年、増えてきた電動はまだあまり使われず、4ストロークエンジン式よりも古くから使われる2ストロークエンジン式が使われています。

それだけ山林の草刈りはパワーが必要だという事です。

下刈り作業の注意点

刈り払い機を使った下刈り作業で一番注意しなければならないことは何でしょうか?

それは単純なのですが、雑草や笹を刈る時に、植林木そのものを傷つけないようにしなければなりません。

雑草と見分けにくい植林木

誤って植林した苗木を伐り倒してしまうと、元も子もありません。
見分けにくい植林木

刈り払う時期は新緑の季節で、雑草も苗木も新芽をつけていて見分けにくいのです。

誤って植林した苗木を伐り倒してしまうと元も子もありません。

植林では列状に植え付けられているので、植えて翌年は植林木も小さいので注意して刈り払う必要があります。

足元に注意

下刈り作業では、足元の雑草の中に蜂の巣があったりするので注意しなければなりません。

山林は当然ながら斜面が多いので気をつけて作業しなければなりません。

下刈り作業に夢中になると段差や凸凹、急斜面に気づかずに転倒などにつながります。

足元の雑草の中に蜂の巣があったりするので、注意しなければなりません。

猛暑が続いた2021年は林業作業において蜂の被害が多かったです。

キックバックに注意

刈り払い機は朽木や太い笹に刃が当たると、キックバックという跳ね返りがおきたりします。

刈り払い機が操作不能になって苗木を傷つけたり、周囲に危険が及びケガの発生にもなります。

夏の暑さに注意

下刈り作業は身体を冷やす空調服を使ったり、休憩回数や給水をこまめに計画する。
空調服は必需品に

夏場の暑い時期にする下刈り作業は、危険を伴う作業なので集中していると、暑さを忘れて給水せずに脱水症状を引き起こしたり熱中症になります。

身体を冷やす空調服を使ったり、休憩回数や給水をこまめに計画する必要があります。

下刈りは植林後2~3年で必要なくなる

植林した木が雑草の背丈を超えるようになれば、下刈り作業しなくても陽の光に当たることができて雑草に負けなくなります。

そこまで生長すれば自らの力で太陽の光を受けることが可能となり光合成できます。

下刈り作業は不要になり、人の手がかからなくなります。

地域や樹種によりますが、1~3年程度で下刈りが不要な樹高に育ちます。

あとは苗木の無事な成長を祈るのみです。

植えるだけでは森が作れない

植林では、植えた後の下刈り作業がとても大切。

下刈り作業は手間がかかり面倒な林業作業のひとつです。

苗木は植付けてからすぐに枯れてしまったり1年で立ち枯れすることもあります。

下刈り作業は苗木の状態を点検したり、成長への障害を取り除いたりして初期の生長を助けることができます。

植林・植樹作業は「植える」ことだけ注目されたり報道されますが、植えた後の下刈り作業で成長軌道にのせる造林作業はとても大切なのです。

林業はキツイって本当?

タイトルとURLをコピーしました