なぜ、冬に木を伐採するんですか?大雪なのに…

なぜ、冬に木を伐採するんですか?大雪なのに…

あまり知られていませんが、木を伐採する作業で最も忙しいシーズンは冬です。

しかも、北海道の冬で最も雪が降る12月から1月の厳冬期が造材に最適で、真冬に最盛期を迎えます。

普通に考えると春とか夏場の方が気候も良くて、木を伐採する作業に適していると思いませんか?

機械力が向上した現代だからではありません。

斧やのこぎりを使ってた昔からなのです。

どうして、あえて寒さが厳しい冬に伐採作業をするのでしょうか?

なぜ、今も造材は冬期なのか?6つの理由

今も木材を伐採する造材は冬が繁忙期
この雪道も厚さ1mほどある

現代においても、木を伐りだす造材は真冬が繁忙期です。

上の写真は留萌の4月の雪解け時期です。

夏場のように降雨で林道が水浸しにならないですし、北海道の冬は凍結して道路が氷層として固まり車両が通行しやすくなります。

造材をする作業員は農家と兼業で夏場は農作業で忙しかったから…という理由もあります。

林業作業員も農業と兼業する方も古くから多く、農作業が多忙な夏は畑から離れることができません。

雪国の造材は雪を利用する

豪雪地帯の素材生産は、古くから雪を利用します。

山奥へと行くには林道が必要です。

山林内の道路は国道等の生活道路とは違って、道路整備が行き届いていません。

大雨で林道が崩れていたり、中には現場まで林道がまったくないこともあります。

新しく林道を整備するには多額のお金がかかります。

コストをかけることができませんので、雪が多く降る豪雪地帯の林業は、古くから雪を利用して山奥へと道を設けます。

降雪地でなくても、凍結して仮設道路になる

凍結した仮設道路は大型トラックの通行が可能になります。

では、雪が少ない地域ではどうなのでしょうか?

少雪地域でも冬期に伐採作業をします。

湿地や泥炭地も氷点下になれば凍結しますので、車両の通行が可能になります。

夏には通行できない土地が、良質な凍結仮設林道になったりするのです。

雨でぬかるんだりせず、凍結してるので土埃が舞ったりしないので、やっぱり冬期が最適です。

昔は林道を整備するのが大変…

機械力が乏しかった昔は、林道を整備するのは大変な労力

機械力が乏しかった昔は、林道を整備するのは大変な労力でした。

当時は木材を運び出すのに人力や家畜(馬力)を使っていましたが、それでもやはり道路整備が必要です。

中途半端な林道整備では、滑落したりして事故を誘発します。

重機がない時代に土砂を整地して道路を作るのは大変な労力です。

そこで、どうせ真冬に使うなら降り積もった雪を踏み固めて”仮設雪林道”を作ろうとなったと思われます。

その方が労力が少なかったからなのでしょう。

冬は木を植えることができないから

春や夏の林業は、木を植えたり雑草の下刈りなど育林する造林作業があります。

雪が降らない時期に山林内でやらなきゃいけない作業がたくさんあります。

冬には「木を植える」植林などの造林作業ができません。

雑草を刈り払う下刈り作業は、草が伸びる夏しかありません。

今も伐採は冬期がメインなのは、「春夏が造林で忙しいから…」ということもあるのではないでしょうか?

良材なのは冬伐採の丸太

乾燥による「くるい」が少ない冬期素材生産の丸太

樹木も動物のように、冬を迎える前に冬眠に入ります。

真冬は栄養が流れてくる降雨などが期待できないので、生物活動を低下させて休眠状態にするため樹幹を流れる水分(養分)を減らします。

樹木も冬眠しているのです。

伐り出した木材を使う時に、樹木内の水分が少ない状態の方が乾燥による「くるい」が少なくなります。

さらに樹幹内に養分が少ないので腐りにくく、建材として腐朽に強い良材となります。

水分が少なくて養分も少ないので丸太として在庫していても長持ちします。

夏に伐採した丸太は早く腐朽がはじまり、消費期限が短いといえます。

こんな理由もあり、古くから冬期伐採の木材が良材として取引されます。

落葉樹は作業効率が上がる

冬になると葉が落ちる落葉樹は、冬期の方が伐採が何かと楽になります。

見通しが良くなると安全性も高まり、積もった葉で足元が悪くなることもありません。

蜂の巣のリスクが減り、枝払いも効率が上がります。

伐採作業において葉は邪魔で不要なものなのです。

真冬以外は集材という運搬がカギ

運搬するトラックが入れる地点まで木材を運んでくる必要があります。

伐採した丸太を出荷する時に、運搬するトラックが入れる地点まで木材を運んでくる必要があります。

伐採した木材を集めて集積所まで運ぶ作業を”集材”と呼びます。

集材計画に大切なのが、運ぶ距離と方法です。

道路条件が悪い季節や急傾斜な現場では、安全に集材する方法を考えて実行しなければなりません。

やみくもに距離が長い集材は、全体の作業時間を長くして生産性を悪化させます。

道路条件が悪化

冬場の作業が一段落の春は、雪解け水の影響でなかなか山奥までは行けません。

北海道の3月や4月の河川や沢は、雪解け水で増水し低地は水たまりができてます。

土質が悪いとぬかるんで林道は田んぼの中のような状況です。

ひどい現場だと真冬以外は通年湿地で、来冬まで立ち入れないこともあります。

冬期しか伐採ができない現場もあります。

その理由は、伐採こそできても、道路条件悪化によって集材が不可能になるからです。

丸太に土砂が付着すると…

夏に集材すると伐りだした木材に砂や土が付着します。

製材工場は鋸で丸太をカットしますが、鋸刃が土や砂粒を噛むと途端に切れなくなります。

土砂で汚れた丸太は製材工場から嫌われてるのです。

雪があるとそんな心配が無いので、集材においても冬の方が良いのです。

雪国に合った重機を

林業専用の運搬重機も種類がたくさんあります。

その時の現場条件に合った重機を使用することが生産効率を高めてくれます。

フォワーダー、キャリアダンプ、ウインチなど様々な運搬系林業機械があります。

その中から現場に合った最適な運搬方法を計画しなければなりません。

特殊な重機で汎用性に劣るので、レンタルやリースで使用できると助かります。

通年、集材で使用する重機ではないので設備投資しにくいものです。

ずれ込んだ春の造材は作業計画を入念にしてます

自然を相手に作業する造材会社は、雪解けの状況を気にしながら造材作業を計画
雪解け時の造材は集材計画が大事

雪が降る地域では多くの人々にとって春が待ち遠しいものです。

自然を相手にする造材会社は、雪解けの状況を気にしながら作業の計画をしています。

雪国の市街地にいると、春は一斉に道路工事や建設工事がはじまります。

それと同時に木材伐採の造材会社は、冬期作業を終えてヤマを下りてきます。

気温の上昇とともに雪解けがすすみ、現場条件が悪化するので冬期造材は終了します。

雪解け時の出荷も想定する

天候の影響を受ける冬期造材作業は、計画どおりに進まないものです。

吹雪がひどくて現場にたどり着けない日もたびたびあります。

記録的な大雪で除雪だけで終わる日もあります。

寒さで体調を崩す作業員も出るかもしれません。

雪解け時の春に集材して丸太を出荷するのは、困難が多いことはご紹介のとおりです。

計画遅れによる雪解け時の造材、出荷は想定しておかなければなりません。

ヤマで感じる温暖化の影響

近年は、温暖化の影響で慢性的に気温が高く、ヤマでも春が早く感じられます。

2月に入ると雪解けを感じる事もあります。

ベテランの作業員は、気温上昇が早い今と、昔との違いを口々にします。

3月になると気温上昇が激しく、急速に雪解けが進む年も多くなりました。

降雪量が極端に少ない年もあります。

少雪ですと道路に雪を利用した時に、ぬかるむ湿地が早く発生します。

気候の変化を織り込みつつ、計画に注意を払う必要があります。

精度が高くなった気象予報をリアルタイムでつかい、細かく計画変更していく事が造材にも求められていると思います。

タイトルとURLをコピーしました