木材輸出で日本経済復活できる?

木材輸出で日本経済復活できる?

衰退する日本経済を木材輸出で救う!

コレはさすがに無理だと思います…。

安全でおいしい日本の農産物は、輸出で成功する可能性があるでしょう。

ですが、現状を考えると、木材輸出貿易で利益を上げ続けるのは困難だと思います。

国内林業がかかえる事情について考えてみます。

なぜ、国産木材輸出は儲からない?

日本の林業家、林業関係者は真摯に努力している方がとても多いです。

研究も進んでいます。

どうして木材を輸出して利益を得ることができないのでしょうか?

欧米の素材丸太生産性は、日本の3~5倍は高いと言われてます。

欧米人が一人一日30本の素材丸太を生産するのに、日本人は10本も生産できない計算です。

間伐と主伐の採算性

間伐は作業が危険で効率が悪いが、大切な育林作業

今の日本の林業は、間伐がメインです。

間伐とは木の間引きです。

一方の主伐は、そこにある木を全部伐ってしまうことです。

なので、主伐は伐採作業しやすくて早く終わります。

間引き作業の間伐自体、伐採効率性が悪いことがわかると思います。

急傾斜地で皆伐はダメですが…

全部伐採する主伐は作業がラクで生産性が高いです。

確かに急傾斜地を広大に皆伐して木がなくなると、土砂災害のリスクが増大します。

成長が悪かったりコストがかかるなら再植林計画をたてて早めに植え直し、生産林ではなく保安林として土砂災害防止に努めるべきでしょう。

なので、主伐をためらう現場が多く、全部伐採して植え直す判断がなかなかされません。

人間の手で植林して育てて収穫期を迎えたのでそれを全て伐採する。

このことが環境破壊と捉えられるのです。

すべての主伐や皆伐を善しとしない傾向があります。

災害リスクが低い緩傾斜林地でも主伐や皆伐を控えるのは、丸太生産性を下げる結果になります。

伐採する立木で変化する生産性

細い丸太でも伐採の作業内容はあまり変わりません。

立木の大きさによって生産性が大きく変化します。

  • 樹高18mの立木一本の材積は約0.4㎥
  • 樹高30mの立木一本の材積は約1.1㎥

作業の内容はほとんど変わらないのに伐採する立木により、三倍近く素材生産量が変わります。

伐採するのは常に大径木ばかりではありません。

しかし、成長性や森林によって生産性が左右されます。

育林経費

国内林業では育林経費がかかります。

日本国内で木材を育てて最終的に伐採するには下記の過程です。

  • 植林植栽
  • 下刈り、ツル切り等の育林
  • 間伐、被害木整理
  • 伐採

高い人件費や燃料をかけないと素材丸太として生産できません。

育林においても険しい山林地形の非効率性が足かせとなります。

素材丸太価格にそれらの経費を載せると輸入材に負けてしまいます。

海外では広大な大陸で効率よく木材資源を生産して輸出するシステムを構築している国があります。

長年の研究と投資によってコストを下げ、よく考えられた木材生産物流システムです。

今から長年放置された日本の山林に投資して戦いを始めるなら、多額の資金準備と長期計画が必要です。

国産材は輸入材に勝てるのか?

ツーバイフォー材は輸入木材として代表的

林業は木材資源を産み出す生産業です。

取引されるのは木材市場です。

価格競争力がないと生き残れませんよね。

競争相手は輸入木材です。

北欧北米から大量の輸入材が日本国内に流通しています。

まずはそれに打ち勝たない限り、日本産木材はシェアを獲得できません。

商品が売れなければ生産コストを払えないのです。

輸入木材とはハンデ戦?

日本産木材と輸入材の戦いは競馬のハンデ戦にも見えます。

木材は工業品などと比べて質量当たりの単価が低いです。

輸送料金を重視しなければ販売で失敗します。

輸入材は海運コストをプラスした販売価格です。

日本国産木材に海運賃がかかっていませんし、近くの製材工場から運ばれてきてます。

なのに輸送ハンデがある輸入材に国産材が負けています…。

この状態を見ると、現時点で国産材に世界で戦う価格競争力が無いのは誰でもわかります。

生産性を上げないと勝ち筋が見えない

品質が良いとされる日本の素材丸太

日本国内で生産された素材丸太は年輪が細かくて品質が良いと言われます。

しかし、今の生産性でそれを世界の木材市場に投入しても売れるのは一部でしょう。

顧客は価格にシビアです。

国際市場で勝ち残るためにはあらゆることを見直して生産性を上げるしかないでしょう。

では、生産性を考える時に何から考えなければならないでしょうか?

そもそも立木の状態での評価をすると、エネルギー資源と似ています。

5,000円の資源を10,000円のコストをかけて採掘する者はいません。

木材立木も同様です。

いくら良い立木でも搬出コストがかかり過ぎるのでは生産性向上は見込めません。

全国とは違う地形特性を持つ北海道

北海道は山林傾斜が緩く、全国でも稀
引用:(林野庁)https://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/seibi2/pdf/3kaishiryou2.pdf

30度を超えると急傾斜地とされてます。

日本は確かに森林資源は豊かですが、国土の70%ほどは急峻な山岳地帯です。

他地域と異なる北海道は15度以下の山林が多く、比較的緩やかな地形です。

世界の林業地は、コレくらいの緩傾斜生産地が多いです。

国内でも傾斜で地域特性が異なる北海道林業は、高いポテンシャルを持っています。

では、国内林業はどうする?

木材貿易で日本は儲かるのか?

「林業にもっと投資して日本を林業国家に」なんて政策があります。

林業に投資していくのは間違いではありません。

かなり落ちてきましたが、日本は自動車やハイテクなど工業品で世界と戦えます。

医療やロボットなど外貨を稼ぐ手段は他にもたくさんあります。

外貨を獲得しないとエネルギーがない日本は貧困国になります。

より多くの外貨を効率よく稼ぐためには研究や最新技術で、世界中の人を豊かにする必要があります。

工業品やハイテク技術を輸出して外貨を稼ぎ、そのお金を国内林業に投資していくことがコンセンサスを得やすいでしょう。

林業で国産木材を輸出して日本経済復活!

コレはちょっと難しいです…。

分かれる林業投資

数字を意識して産業を見ていけば、何で効率よく稼げるのかが認識できます。

稼げるものをしっかり稼いで、国内林業に投資する時には二大テーマがあると思います。

  • 国土を守る治山に投資する
  • 稼げる経済林に投資する

北海道には緩傾斜林地もたくさんあるので、生産性次第で木材輸出もわずかずつ増えていくでしょう。

たぶん、これが日本林業の未来を考える時に良い選択です。

生産性が悪い山林はどうしたら…?

防災機能を最大限に引き上げる林業が求められる。

カーボンニュートラルの時代に林業が必要です。

森林は防災や環境を守る大事な役割があります。

素材丸太販売で生産成績が悪い山林は、経済効率を考えると放置しておくのが正しいです。

しかし、災害防止や国土の安全を守るために山林を活かさなければなりません。

急傾斜地の山林は見てるととても美しいです。

すばらしい日本の林地を観光資源として生かせないでしょうか?

手を加えるのは最低限として、天然林が持つ防災力を最大限に引き出したいものです。

そして、トレッキングや山村生活を体験できる「林業観光」を考えてみてもいいのではないでしょうか?

これからの日本の林業の姿かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました