林業のブラック企業チェック

林業のブラック企業?チェック項目で確認

キツくてやめておいた方が良いと言われる林業。

コメントいただく中には

林業従事者
林業従事者

林業会社は、ブラック…

と、いう方もいます。

確かに厳しい経営事情を背景に、それを現場に押し付ける会社もあります。

時代は人手不足で高性能林業機械化、デジタル化です。

人々の生活や思考も変わりました。

林業だけ古くからのやり方でうまくまわる訳がありません。

林業経営も変化に対応しているか?が問われてます。

人によって待遇の受け止め方も違うでしょう。

私の経験上ですが、思いつくところでブラック林業会社をチェックしてみました。

【そんなモン?】ちょっと心配な会社

重機中心の素材生産業は雨天日でも作業できることがある

よく聞く林業会社の傾向を紹介します。

ブラックと言われるほど重大問題ではないですが、少し気になる慣習ですよね。

サンワ
サンワ

私のまわりにもいるような気が…

お祭り好きな社長

林業会社がある山間部では、地域のお祭りやイベントを重視します。

社長が異常なお祭り好きやイベント好きには注意です。

冠婚葬祭にも社員をかりだす会社もあり、田舎独特の風習慣習はチェックが必要です。

地域とのつながりは大切です。

ただ、仕事そっちのけでお祭りに集中してしまうのはどうかと思います…。

祭り好き
祭り好き

仕事中断…地域のお祭り最優先!

雨は休日←古いかも?

高性能機械は全天候型が多い

屋外仕事なので雨天は作業効率が落ちます。

しかし、高性能機械化が進んだ今の林業は、雨天でも作業可能だったりします。

建設機械がベースマシンなのでワイパーなどが装備され、ずぶ濡れになるわけではありません。

泥地や排水性が悪い現場は、確かに雨天時に作業しない方が良いこともあります。

がんこ社長
がんこ社長

雨は絶対に休み

頭のカタい社長には注意です。

HPは無くて電話FAX

林業は人手不足です。

多くの会社は人材募集しているでしょう。

なのに、ホームページすら無い会社を見かけます。

本気で人材募集しようとしていないのでは?と思います。

スマホ時代に会社をPRしないと、応募者に気付いてすらもらえません。

メールやSNSが苦手な社長も多く、連絡は今も電話やFAXが主流です。

通信手段のイノベーションについていけず、電話の効率悪さに気づいていません。

アナログ社長
アナログ社長

林業会社にHPなんて要らん…

書類ぎらい

書類関係を敬遠し、とにかく口約束が多い会社も注意です。

就業規則や契約書を見たことがないのは、のちの水掛け論となりトラブルの元です。

林業従事者
林業従事者

会社だから、やってくれてると思うんですけど…

「やってくれてると思います…」ではなく、自分で退職金や社会保険、年金を会社に確認しましょう。

退職時に気づいたのでは遅すぎます…。

口約束ばかりの会社は、出納や税務、検定書類など、役所に提出する書類も正しく提出しているのか疑われます。

【えっ?マジか】待遇が悪い

自分のチェーンソーじゃないと伐倒できないという人も

林業会社は待遇が悪いと言われます。

気になることを挙げてみました。

チェーンソーは自分で用意するもの?

林業従事者
林業従事者

えっ…チェーンソーは自分で用意するの?

林業会社なのにチェーンソーが用意されていなかったりして、従業員の持ち込みに頼っているなら問題です。

ただし、古くから伐木仕事は職人が多いです。

会社で用意するチェーンソーよりも、「自分が使い慣れたもので伐木したい!」という人もいます。

従業員に強制で持ち込みさせたり、手袋や安全靴など装備品まで「社員が自腹で用意しろ」というのは、待遇がおかしいと思いませんか?

休めない、福利厚生が一切ない

林業だから「休みが取りにくい」「有給がない」というのはおかしいですよね。

早くから有給休暇を申し出ても却下されるような会社は、現場マネジメントができてません。

天候や季節で複雑に変化する現場条件に対応できないのと同じです。

たまにでも、社長と社員が一緒に食事をしないのもどうかと思います。

社員旅行や忘年会で飲食を共にすると、ふとしたきっかけに仕事の改善点や危険防止の話題になったりします。

福利厚生の有意義な場を失っているのです。

ほぼ黒社長
ほぼ黒社長

休みは少なく稼働を上げ、社員経費をおさえたい…

年間事業計画がない

どんな会社でも年間事業計画がないのはおかしいと思いませんか?

ワンマン社長
ワンマン社長

現場の年間計画はオレのアタマの中にある!

林業も計画がないと、次の現場の下調べや、段取り、作業員の準備にも遅れがでます。

それにより無駄なコストが発生したり、従事者は振り回されます。

ザックリでも年間の事業予定をたててない会社は、「行き当たりばったり」で、現場作業員にしわ寄せが来たります。

【転職もアリ】経営悪化してる

ハーベスタ一台だけで4000万円も。高額な高性能林業機械

これからの項目にあてはまれば、会社の経営がうまくいっていない可能性が有ります。

せっかく現場で努力しているなら、経営がうまく回っている会社にいた方が良いに決まっています。

転職も考えてみてください。

資金繰りに不安がある

林業で資金繰りに不安があると…
  • 「給料振込が遅れる」
  • 「給与明細がなくて現金手渡し」
  • 「取引先が支払いのことで怒ってた」

これでは会計や出納が正しく行われているか疑わしいです。

林業は古くから手形取引が主流でしたが、現在は現金になってきました。

ただ、証拠が残る振込等でない現金手渡しは、税務申告を疑われる時代になってきました。

そもそも数字に弱くて、材積や数量を計算できない経営者も問題です。

現場に精通しているが、数字が苦手な社長もいます。

林業には重量係数や材積、単価、出来高など意外と数字が多いです。

これらを把握していないと資金繰りや経営が改善しません。

設備投資しない、できない…

素材生産業には計画的な設備投資が必要

「設備投資をしようとしない」「できない」のは問題です。

毎日使う機械重機の設備を整備してないのは、トラブルの元になります。

点検をせずメンテナンスしないで、壊れた機械のまま使っていることにも注意です。

結局、故障して現場が止まってしまい、固定費がかさんで修理代どころではない損失がでます。

メンテナンスの大切さが理解できていないのか?お金がないのか?いずれにしても問題です。

ワンマン社長
ワンマン社長

新品重機なんて買えない。修理も最小限で費用をおさえる!

設備投資し過ぎも問題

社長が重機機械を大好きで、過剰に機械設備投資するのも問題です。

前のめり社長
前のめり社長

外国のスゴイ重機を導入すればうまくいく!

外国製の輸入林業機械は、軽く1億円を超えるものもあります。

日本の地形に適しているか?稼働率は?をよく考えずに導入してしまうと、大きな固定負債になり経営が悪化します。

税制や金利、補助金に興味ない

異常に古い重機も整備にかなりのお金がかかります。

社長が新しい補助金や税制、減価償却のしくみを理解しているか聞いてみると良いでしょう。

法律改正や補助金税制に興味がないのは、経営者として問題です。

優遇金利や雇用の補助など様々な支援策があるのに、気づかなかったり調べて利用しようとしないのは経営者としてどうでしょうか?

社外の人に経営を任せてしまう…

「税理士、会計士にすべてを任せてるから…」というのも深刻です。

放漫社長
放漫社長

全部、税理士に任せてます…

会計や税務ならともかく、仕事の受発注や契約単価まで任せてしまう社長は、もはや経営者ではありません。

林業の実務に詳しい会計士などなら別ですが、あまり多くはいないと思います。

森林組合や役所の言いなりになっているのもどうかと思います。

林業従事者
林業従事者

やらなくてもいい仕事が増えた…

発注者なので当然、できる限り彼らの意向に沿わなければなりませんが、何でも受け入れてしまうと現場に負担がかかり待遇が悪くなります。

林業経営者が考えて早く決断しないと、いくら現場が頑張っても経営好転はないでしょう。

【即退職を!】被災する危険…

危険と知らない社長も…安全軽視する林業会社から即退職を

下記に該当するならすぐに退職を考えた方が良いと思います。

理由は林業事故(重大災害)を引き起こした会社にみられた傾向の一部です。

自分の身を守るにはすぐに決断して行動するしかありません。

スピード狂は安全軽視

自動車の運転でスピードを出しすぎたり、危険運転や交通違反をする人は同じことを現場でもやります。

道路交通法無視で安全基準など守る気が無いということは、それだけ現場が危険です。

安全教育ができない、しない、または知らない、のは重大問題です。

スピード狂
スピード狂

忙しいんだ!

「こうやってきて無事故だから大丈夫!」と成功体験にすがり、たまたま運が良い事業体もあります。

コストアップを避けるために、危険と認知してても危険作業をさせているのも問題です。

現場に管理者がいない

社長や現場責任者が現場にいなかったり、来ない日があったりするのは危険です。

危険の兆候があっても権限者がいないと、防止する指導指示がないことになります。

「午後から行くから…」と、言ってた現場責任者が約束を守らないこともあります。

作業の進捗状況を気にしないのは管理できていない証拠です。

経営が改善することがないでしょう。

作業員同士が何となく林業仕事をしていると「危険で収益性が悪い現場」ということになります。

仲が悪い、いつも機嫌が悪い

林業は1チーム3~4人です。

作業員同士の仲が悪いのも注意です。

チームワークが安全と効率を左右させます。

原因はトップ権限を持つ経営者にあることが多いです。

社長
社長

現場が怠けてるんじゃないのか?

社長自体がいつも不機嫌で怒っていることもあります。

安全のために議論しなければならないこともできません。

事故発生間近でとても危険です。

ホワイト林業会社だってあります

キツイと言われますが、やりがいがある林業を楽しんで働く人だっています。

いろいろ申しましたが弊社も林業会社です。

「こんな会社になりたくないな…」と気をつけることを並べてみました。

YouTubeやTwitterで同業者からコメントいただきます。

その内容によると零細企業が多い林業にはブラック企業があるようです。

低収益から出てくる問題も…

一次産業は労働集約型から抜け出せず、収益が上がりにくい産業です。

林業も他の産業に比べて収益性が高くありません。

儲からない林業では無理して利益を出そうと、現場に圧力がかかります。

さらに木材はコモディティなので、需要や価格が景気変動を早く強く受けます。

それらを引き受ける事になるのは林業従事者です。

現場に押し付けると、結果的に危険が増大するが確実です。

家族経営にご注意を

親子や親族で事業している実情も多いです。

なあなあになりがちで、チームワークが良いのですが、改善や改良を受け入れにくい体質になります。

家族経営ならワンマン経営者が長く鎮座していることが多いでしょう。

権限者が誰か?組織は法令順守してるか?など、さらに細かくチェックする必要がありそうです。

現場をオープンにしていく事で

危険防止はコミュニケーションと見える化が大切

経営者は林業の実情や危険なことを隠しておきたいものです。

私はインターネットの力でオープンにすることを勧めてます。

世の中には待遇が良かったり、給料が良い仕事ばかりではありません。

  • よく見えて実はブラック
  • 悪く見えてやはりブラック

いずれにしても働いてみないとわからないものです。

林業だからブラック会社とは限りません!

特に林業は現場が見えないので、働いてみないと未経験の人には色々とわからないと思います。

職歴がデスクワークばかりでしたが、林業に転職したらとても楽しい。

若者が集まる林業会社もあります。

大手商社系の会社も存在します。

すべての林業会社がブラック企業という訳でないことをお伝えしたいです。

タイトルとURLをコピーしました